するめ

natuncm.exblog.jp
ブログトップ

ウチの子にかぎって。

職場のパートさんが、子ども(高二)の学校から呼び出しをくらったので休ませてほしいと。

後で顛末を聞いたら  

 『無期停学になった』

今どきは何をしたら無期停学になるのだろうー?

『ネットでいじめをしたんだって!』

あらら。まずは本当かどうか、確かめないとね。そしてもし本当ならどんなことをなぜしたのか冷静に聞いてみないと

『なんで!?たいしたことじゃないでしょ』

おおっと。そもそも学校で、先生にどういう話をきいたの


『知らない。私そっぽ向いてたし』

・・・?うわー。そっぽて。親が。先生困っただろうなあ。

ただの停学じゃないってことは他に何かあったんでは?

『ウチの子が首謀者だっていうのよ』

本当に首謀者なのかどうか当人に聞いた?

『そんわけないもの!ウチの子にそんなこと出来るわけない。
第一ウチの子だけじゃないのに。どうしてウチの子だけがあんなに言われなきゃならないの!』


うーん。素でこのセリフを言う人がいたとは。
そしてそれが身近にいたとは。
「何を言ってもムダ」感におそわれてクチをつぐみました。


きっと日本中で同じことがあるんだろう。
# by machonatu | 2015-09-12 18:35 | はみだし

境界はいつもあいまい

先日、3歳の幼児がイメージビデオを出すことについてツイッターでいろいろ流れていました。
いったいどういうことだ。3歳に欲情するなんて変態。なんとかやめさせなければ。などなど。
いろんな視点から様々な意見が見られました。
こういう問題はどう考えたらいいのでしょう。

まず、「道徳」と「倫理」の違いを認識しなくてはいけません。
「モラル」と「エチカ」が「道徳」と「倫理」に訳されているのでその通りで進めます。

この場合 親が同意している
       犯罪性がない
だから個人の勝手じゃん?まわりがとやかく言うことではないよね、と思う人は道徳を無視して個人の倫理で考えています。
「かかわった全員が納得していようとも、3歳の子供を性の対象となりうる商品にするなんて間違ってる、というのは道徳的な考えです。
道徳とは本人たちがいくら良くても、それはいけないだろう、という、規範になるものです。

もっと具体的に言うと
女子高生が売春して「誰にも迷惑をかけてないし」と開き直るのは個人の倫理で物を言っています。
「いや、本人がよかろうと同意していようといけないことである」というのは道徳です。

そう考えると。
たとえば同性婚。
私は本人たちが良ければいいじゃないか。したくない人にしろって言ってないし。 と思うのですが、これ道徳を無視してることになるんですよねw
反対派の人たちは道徳を重視してるわけです。

先日来世間をにぎわせてる「婚外子の相続」問題も同じです。
反対派は道徳的に許せない。

と、ネット上で侃侃諤諤とやりあってる話題があるとき、ここに注目すると「あー食い違ってるなー」と思うことがよくあります。
どちらが良い悪い、正しい間違ってるというよりも、視点が違うから言い合ってもかみ合わないまま終わります。
何かを考えるとき、この違いを抑えておくことは、考える上で一つ指針になります。


法律で決まっていれば話は簡単ですが、すり抜ける穴ってのは必ずあるものでして。
法律は道徳寄りでしょうね。個人の倫理、実はエチカと言うのは倫理というよりもっと精神的なものを言います。

たとえば人殺しはいけない。これはモラル。
信仰のために戦争をして人を殺す。これを許すのはエチカ。

さて、3歳のイメージビデオです。
幼児は見ているだけで心が和む存在でもありますが、そのスジの人には性的対象になる場合もあるのでしょう。
しかしこれはイメージビデオです。おかあさんといっしょで流されるような女の子がただ遊んでいる姿を販売したからといって警察は規制の対象には出来ないでしょう。

数の問題、という言い方はつまり普通の商品なら消費者が騒いで大事になればイメージダウンを恐れる企業がすぐに販売をとりやめることが多い、その路線で差し止めを狙いたいということと思われます。
でもこの手の会社がとりやめるとは思えません。

しかし犯罪性がない、法に触れないのであるなら単なるイメージビデオの規制は出来ないしするべきではありません。
一旦規制が出来てしまえばあらゆる作品に適用されてしまうからです。
何を芸術とし、何を低俗とするかの線引きが出来ないからです。
表現者が自由に表現できなくなる悲劇は防がねばなりません。

「作家が書きたいものを書けなくなった時、市井の人はとっくに言いたいことが言えない世の中になっている」

ああ、もちろんこんなのを撮影された女の子には心から同情します。
たぶんお金と引き換えに承諾したであろう親は地獄へ落ちろと軽蔑しますし、かかわった大人すべてを蛇蝎のごとく嫌悪します。

同じく同人誌などの児童ポルノのひどさは、文字通り目を覆うばかり。
若干オタクの遺伝子も持っている私でも吐きそうになるようなストーリーと画で、とても読み進められるものではありませんでした。

それでも表現の自由は守らなければいけないと思います。

今回の場合はあきらかに肌の露出が大きいので、18歳以下の露出割合に関する規制なら出来てもいいと思いますね。

以前、米国に住んでいた友人と海へ行きました。彼女は4歳の男児を連れており、銭函の海で水着に着替えさせました。男の子だし気にせずすっぽんぽんにしながら「これがアメリカだったら私は逮捕w」と笑っていました。
そんな世の中も窮屈そうですが、表現の自由に抵触しない規制ならやりようがあると思います。
子供を守ることはどの国でもどんな世界でも最優先されるべきことだと思っていますから。

しかしそのように性犯罪、とりわけ子供に対する犯罪に対して非常に厳しい米国で犯罪件数が少ないのか?と言ったらそれも・・


斯様に線引きは難しいものでございます。
# by machonatu | 2013-12-05 01:37 | はみだし

旗色不鮮明

デマ。


口伝いに姿を変えながら広がるもの。
伝言ゲームが確実に変化するように、人の噂も必ず姿を変えます。
筒井先生の「デマ」を思い出すわけですがw

都市伝説の類もそうですね。
誰が広めたのかわからない、なのにいつの間にか誰もが知っているものです。
内容が少しずつ違う。

元々の情報はまったく違う、ひとつの真実だったかもしれません。

ささいな「事実」が広がると共に「面白くするために」または「印象深くするために」装飾されていきます。

「何かで読んだ話なんだけど」
「友達が聞いた話なんだけど」「友達の知り合いがね・・」

聞いた話を自分勝手に面白い形に変えて理解し、面白おかしく回りに伝える。
どう広がろうと、変化しようと、自分に痛みは無く責任は感じないのです。



今まではそれで済んでいました。


Twitter恐いですねw

スマホの普及が拍車をかけて、自分の意見を発信する人が爆発的に増えています。
「つぶやき」の気安さから、フォロー数も少ないから、と知ってる人同士の無責任な噂話の感覚で書き込む人が後を断ちません。


書き込んで送信した瞬間、「www」で始まる、ワールドワイドな場所に送られ、世界中の誰でもが見る可能性がある、という自覚がまったく無いまま噂を広げる人たち。
それを素直に信じる人たち。


そして、言葉は残り、「元をたどれる」んですよね。

誰が広めたのか。
誰が尾ひれをつけたのか。
どこの誰が。証拠が残る。


「デマ」だと誰かが叫んだ瞬間、あっという間に誰もが道を逆戻りするかのようにたどり始め、「デマ」らしき情報を広めた人を責める。
責められた人は世界に向けて発信した覚えがないから、大勢に一斉に糾弾されて狼狽し、中にはパニックを起こす人もいます。

そういう事例を眼にし、うろたえる人発言を見るたびに、浅はかだなあと思うと同時に
徹底的に追い込む人たちをおそろしいなあと感じます。



過去の無責任な噂話が良かったというわけではありません。
根も葉もないひどい噂を広げられたこともありますから。


ただ、「デマ」のあり方ひとつとっても、これだけ変わってしまいました。
噂話でさえ、出処を突き止められてしまう息苦しさを感じます。

あいまいではっきりしないものが許されない社会に移行しているような。
ワン・ゼロ。1か0か。



曖昧、あそび、割り切れない、グレー、 な部分をなくならないように祈っています。
# by machonatu | 2012-04-30 16:22 | はみだし

祖父の教え

遺言って、死ぬ間際の言葉とは限らないと思うんですよ。
育つ過程で、共に過ごす過程で、何か残してくれるものがあるはず。


◎ 本は手元にないとだめだ。


私が小学校6年生の頃に祖父から言われた言葉です。
当時読書熱があがり、子供向けの、いわゆる「少年少女文学全集」のようなものは卒業して大人向けの本へ移行しようとしている時です。
「罪と罰」を読んだ(当然意味なんぞわかっちゃいません。読んだだけ)、と話す私に祖父が
「トルストイなら『白痴』は?スタンダールはまだか。次には何を読む?」のような内容の会話があったと記憶しています。
その時に「図書館でこれこれこういうのを借りようと思ってる」と答えた私に祖父が言いました。「図書館?!」

「本は手元におかないとだめだよ」

本でも音楽(当時はレコード)でも、手元において繰り返し何度も咀嚼しないと味わえないよ。
そうしないと本当の教養として身につかないよ。
借り物で得たものは借り物でしかない。



とは言え全部買ってたらお金が続きませんから、お金のない若い頃は図書館から借りまくって読みました。
でも借りるものは「話題になっているからおさえておこうかな」程度のものや、「買うまでもない」と判断した軽いものに限定しました。

今でもこの教えは守っています。
自分のものにするには対価を支払うこと。これだけは。



ただ、元々クリスマスプレゼントはいつも本だったのですが、
この図書館発言以降、お年玉まで図書券に変わってしまったのはありがたいやらつまんないやらでした・・・・・・
# by machonatu | 2012-04-16 17:58 | はみだし

こそこそ話

車を買い換えようと思ってる。

喫茶店でそう一言いうと、オトコノコたちは色めき立ちました。
それぞれが、自分で買うかのように吟味、比較、情報収集と情報交換を始めるのです。
いや、買うの私だから。 そんなことはどうでも良いふうに、勝手にあれがいい、これがいい、と相談しているのです。

今のようにネットの無い時代のことですから、パンフレットを集めてあれこれ比べながらわいわいやるのです。
どうやら比較検討作業そのものを楽しんでいるらしいので、私はぼんやりと眺めていました。


一人が言いました。
「小型車ならファミリアは?」
すると皆が口々に言いました。
「マツダはダメだよ」「マツダはねー」「マツダは故障が多いし燃費もわるいしちょっとねー」

そのとき突然、A君が
「いや!マツダの車も結構いいよ!コスモかっこいいし!!」
皆はこいつ何を言い出すんだ、という顔をして、更にいいつのります。
「マニアの車はいいけどさー普通のはだめでしょ」「そうそう、店も少ないから、故障したら面倒だよ」
A君は張り付いた笑顔を崩さずに、でも目は笑ってない顔でなおも言います。
「いやいや!いいよマツダ!」

様子がおかしいぞ、そう思ってなんとなくあたりを見回すと



カウンターに座っている作業服を着た二人連れの、背中に大きく


「MAZDA」


一瞬だったかそれとも長かったのかわからない間、カウンターの二人の背中は動きません。



全員 「そ、そーだよねいいよねマツダ!!」


ちょっと年長の一人が直接
「すみません、悪気はなかったんですが・・」
マツダの人
「いや、いいですよ。本当のことだしw」

快く(一応)許してくれたものの、気まずさはあります。
似たような経験て誰にでもあると思うのです。
思い出すと自分の失礼さ、配慮のなさに恥ずかしくなるような。


現在、人の悪口を言う、揚げ足をとる、根拠のない批判(正当な論争は除いて)をするという事例が日々ネット上で無数に行われています。
普通なら、面と向かってなら言えないこと、言ってはいけないことを言う。
姿を見せないままで言う。

そこに遠慮も配慮も気まずさも無いことがこわい。
# by machonatu | 2012-04-14 00:06 | はみだし

ついったー考その3

ワールドワイドなのになぜあんなにも尾籠な話題が多いのか。
日本だけ?


たとえば「う○こ」

えっとですね、なにかを価値のないもの、とたとえる「あれはう○こだね」みたいなのはそんなに気にならないです。


じゃなくてまったく何のたとえでもなくそのものズバリで出るだの出ないだの。
もれるだの漏れそうだの。
下ってるだの詰まってるだの。
女性の場合は月のモノがきただのつらいだの来ないだの。あ、「来ない」てのならある意味ドラマになるわ。まだ見てないケドw


なぜ書く。見たくないし知りたくも無い。



なんだろう、そりゃ昔からテキストサイトでもその手の話はなかったわけではない。
しかしそれはある程度の作品として完成を見て、昇華しているものであり、共感を呼んだり笑いを誘ったりするものではなかったか。
個人が今まさに漏れる漏れないを実況し、それを見て何が楽しいと思うのか。
おのれは低学年の小学生か。


書く自由がある、と言えばそれまでだし、素人の書いた文章だもの、見ない選択があるだろうと言われればそれまでです。
特にツイッターてのは議論の場ではないし、つぶやきに制限や不自由があってはいけない。

でもそれとビロウな話とは別。言論の自由と品性のあるなしは別。
あまり頻度が激しい人は、黙ってフォローを外すことで対応してます。


すると。


フォローしてる人がどんどん減っていくよ・・・・・・
# by machonatu | 2012-02-06 22:04 | はみだし

もしドラ以前

高校時代、野球部のマネージャーをしていました。


忘れもしない、初日のこと。
緊張してグラウンドに向かう。昨夜は早く寝たしお肌はつるつる。
髪にもぬかりはない。
部活にはダサい学校指定ジャージを着なくてもいいから、おニューのアディダス3本線を3人で揃えて今日に備えた。


1年生には見知ったクラスメイトもいるからいいけれど、2年生、3年生の視線が気になる。


3人も来てくれた、と先生と上級生が喜び、ほっとして嬉しくなる。
がんばるぞー!
練習が始まる。


そのとき。



股間に打球を受けて倒れこむセンパイ。
脂汗をかいている。苦しそうに顔をしかめている。

なのに無理やり立ち上がらせられている。
他の部員が背後から持ち上げて落とす?ええっいったい?
何をしてるの!どういうこと!



ここはマネージャーらしく早速活躍しなくては。
救急箱をつかんで駆け寄る。よしっ





「シップしましょうか!」




数秒の沈黙のあとに


先生も含めて爆笑がおこりましたが、私には何がいけなかったのかさっぱりわからない。
なぜ笑うのかもまったくわからない。

「しっぷ・・・・」


誰も説明もしてくれない。


とりあえず自分のなんらかの位置が定まった気がした、そんな瞬間でした。
# by machonatu | 2012-01-28 18:41 | はみだし

不景気

イギリスのあの長い長い不景気の時代。
細かいことはよく覚えてないけど、とにかく

イギリスは景気が悪くて、若者に職がなくて失業者もたくさんでてて、
国が疲弊していることは世界中で誰も知らない人がいない程有名だった時代があって。

その辺を題材にした映画がありますよね。

フル・モンティ
トレイン・スポッティング
ブラス!
リトル・ダンサー

他にもあるかもしれないけど観たのは上記4本。

たまに、今では世界に名だたるオビ=ワンだもんなあ出世したよなあとしみじみと思いながら観ます。

もちろん好みの差はあるでしょうけど、どれも今でも話題にのぼるような作品であることは間違いない。
底力あるなあ。

似たような世相の現代日本で、ああいう作品、ああいうっていうかこの閉塞感を昇華させたような日本独自の作品て、何か出てこないかなあとよく思います。

それができる国だと嬉しいなあ。まあ自分が作るわけじゃないんですけどね。
何か出てこないかなー。
# by machonatu | 2012-01-16 21:01 | はみだし

南極は燃えているか

やっと全部見終わりましたよ南極物語。
もうね途中からどうでもよくなってたんですが、堺クン見たさに頑張りました。

コケた原因ははっきりしてる。キムt

冗談じゃなくて、主役をはじめとする人々の、言葉使いから何からなっていませんでした。
セリフについては脚本でしょうか。


戦後わずか10年足らずの偉業、その時代感がまったく伝わってこない。


まず髪長すぎ。刈り上げの人が一人もいない。
堺君の7:3はまあまあだったけど、あれで刈り上げてないとおかしい。
1950年代でしょう?
男性は刈り上げのオールバックか7:3でしょう。もしくは丸刈り。
襟足に髪の毛があるなんて言語道断だったはずです。いまだにお年寄りの男性はその気があります。
刈り上げに帽子は必需品。男女問わず帽子がないのもおかしい。


音楽。現代すぎる。効果的に流す音楽はまあしょうがないとして、当時の流行歌が劇中まったく聴こえない。
歌は世につれ、世は歌につれです。音楽は時間を超えて、その時代に引き戻してくれるものです。
それがまったく無い。

言葉使い。一番ひどかった。
キムtがいつもの、「ちょ おい 待てよ」式ですよ。ありえないです。
他の人でしたが、「全然大丈夫です」もありました。殺意を覚えました。
その頃の日本人はもう少しきちんとした言葉を使っています。

近い過去の時代考証って難しいもんですね。
記憶がありますからね。


いやいくらなんでも私さすがに生まれてもいませんがw 
でも身近なところではサザエさんとかゴジラシリーズとか、ほかの映画だとか本だとか、時代の空気を感じる媒体は豊富にあるわけです。
うそくさいにおいがする作品で、人は感動しません。


ちゃんと観て読んで勉強したほうがいい。
# by machonatu | 2012-01-05 16:57 | はみだし

お贐(はなむけ)

誰でも「今持っているもの」を手放すのって抵抗がありますよね。
「持っている」のは物かもしれない、人かもしれない、そして楽しい時間、かもしれない。
どれにせよ、今までの生活が変わるのは確かだ。

lost、失うってのはつらい。

だけどそれはまた形を変えて訪れるかもしれないし、どうせ何もかもこのままではいられないんだし。
時がたてばどんなものだって変化するんです。澱むよりはずっといい。
風は吹き水は流れる。

いつか失うってわかってたものなら気持ちよくいさぎよく手放すのもいいな。
自分のためにね。
きちんと手放すことが出来たっていう自分に、それでまた自信がつくんだ。
励ましてくれる人たちがいるのもとても幸せなことだ。


とりとめないけど、何言ってるんだな文章だけど、つうか文章にすらなってないけど、
このとりとめのなさを含めて今の自分だから記録しておきます。
# by machonatu | 2011-10-12 22:14 | はみだし